日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

若い頃の自動車>原付・単車・三輪・車

★自転車にエンジン付けて原付(原動機付き自転車) 

若いころ、今のバイクを単車と言っていました。

自転車に「白いタンクに赤いエンジンカバー」をキャッチフレーズに
本田宗一郎さんの会社が産声を上げました。

このエンジンは50cc4サイクルで、
自転車後輪の左側に取り付け、チェーン駆動。

雨降りになるとさぁー、たいへん・・プラグボックスと布切れが必需品。

謎かけではありません。

当時の道路は舗装道路でなく連続水溜りです。
プラグに水が付くとエンジンは止まります。

プラグキャップを外し水を拭き取る訳です。
プラグもカーボンがよく溜まり、掃除しました。

今では考えられません。

サン号だったか、自転車に取り付けるエンジンはいろいろありました。

エンジンのシャフトに、直接小さな直径の動輪を取り付け車輪を回す訳です。
50cc2サイクルでした。

重い荷物を運ぶために、頑丈な自転車がありました。

名ずけて「運搬車」これにもエンジンが付きました。

トヨモーターだったか?

 


タグ:原付

| コメント(1) | TB(1) | 若い頃の自動車>原付・単車・三輪・車
この記事へのコメント
やー懐かしい原付の原点のお話に触れてうれしくコメントさせていただきました。
同年輩の方ではないでしょうか?
今後ともよろしく。坪井
必見!道交法の裏を読むの坪井です!
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19362198
この記事へのトラックバック
危ない運転は止めましょう、ね
本日ここで、 「危ない運転をやめてほしい」 と訴えたいのは、 自転車(原付自転車を含む)に乗っている 諸君に対してです。 最近よく見かける自転車の運転スタイルは、 「ヘッドホンステレオ..
ブログ名保険代理店プロデュース・ワン〜活動日誌〜

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。