日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

管理人のがん手術>がん手術の前

★直腸がんによる人工肛門造設術を受ける!

入院したときは体力がなく2000cc近く輸血しました。

(おかげさまで、肝炎など異常はありません)

直腸がん手術前、
血小板減少のため大手術が出来ないと延期になりました。

手術前夜、
痛み止めの薬液が少しづつ注入される管を背中につけました。

おかげさまで手術後の痛みは余りありませんでした。

手術時間や気がつくまでの時間は、
相当長かったと聞きました。

お腹に腸が顔を出し、排便はお腹に貼り付けた袋にする。
袋は直腸の代わり、受容は出来ましたがたいへんです。

執刀医の先生は後から
「骨盤に達していた病芽を限界まで取り、
後は毎週制癌剤の注射をして再発防止をします」
と説明されました。


大便と小便、両方とも袋という方も居られます。

退院は地下からより正面が良い!




タグ:人工肛門

| コメント(0) | TB(0) | 管理人のがん手術>がん手術の前
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19406270
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。