日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

管理人のがん手術>がん手術の後

★大手術の後には、異常が出る! でも少しづつ改善する!

退院後、身体にいろいろ異常が起こりました。


術後、随所に異常がありました。

例えば、腰から下の筋肉がツッパッタ感じになり
胡坐がかけない、
正座か、足を伸ばすか、腰掛けることしか出来なくなりました。

お尻は痛いから、円座が必要、
立ち上がったとき、車に乗って降りるとき
足(特に膝)がガクガクになり、何かにつかまらないと
立ち上がれない、正常に歩けない。

急に身体が火照ったり、上半身に異常発汗、
排尿障害は特に酷かった、自己導尿の一式を常に携行。

痺れが出る人もいます。

体中がけだるくなって、さまざまな手当てをしました。

しかしこうした異常も年を経るごとに改善してきます。


執刀医は細心の注意を払って手術されます。
しかし、内臓を体外に出して骨盤まで削るということ、
幹部にガンを残さないよう、神経、血管を傷つけないよう、
たいへんな作業が行われた訳です。


今は、神経など温存手術も行われています。

内視鏡手術、腹腔鏡下外科手術、名前も知らない手術法、
医学は日進月歩以上の進化をしています。


ただ腸のケアは大切です。

腸閉塞は2回入院、3回目は点滴と下剤で直前セーフ・・・。

それと「がん」、検査は常に必要です。

また項を改めて薀蓄を書きます。




タグ:術後の異常

| コメント(0) | TB(1) | 管理人のがん手術>がん手術の後
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
200種以上の病気を感知し防ぐ「糖鎖」
「体の機能、細胞のアンテナ、糖鎖」を紹介しています。医療技術は進歩、しかし病人は増加。これは細胞の糖鎖が切れたり異常になっている為です。糖鎖糖質栄養素は免疫の根本材料です。あなたの健康の概念を大きく変..
ブログ名健康を支える糖鎖糖質栄養素

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。