日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

管理人のがん手術>がん手術の後

★今だから話せる! 手術前後の痛みと恐怖心!


大手術の痛みに対する恐怖心が、医師の受診を遅らせる。


私がそうでした。


若いころ、盲腸の手術のときの痛みが強かった。


30代のとき、上腕骨かじょう骨折等複雑骨折をして手術しました。
目が覚めて24時間、痛みのため5分か10分ウトウトすると
目が覚めるという記憶があったのです。


今回は、もっと痛いとアキラメの心境で覚悟していました。


前夜から、背中に管を通し少しずつ薬液が滲出する容器を身につけ
術後3〜4日は、そのままということで強い痛みは無かった訳です。



義姉が胃がんの手術後、
腰痛を訴えたり、いろいろ痛みを訴えていましたが、
ガン転移がヒドクなったころから、痛みを訴えなくなりました。


症状は喉から先へは何も通らない状態になり、
それが10ヶ月続き、顔が腫れ以前の面影はなくなり、
点滴ですべて補給するようになりました。

口の中に唾液が出ても飲み込めないから吐き出すようになっても、
末期ガンの痛みを訴えることなく、

医師の言葉を信じて、いつの日か
再び食物が喉を通るようになると期待しつつ他界しました。


医学の進歩は大きく
胃カメラも小さく細くなりました。
昔は、脳血管造影といって、首の動脈から気合と共に
造影剤を打ち込んでレントゲン撮影したものが、
MR、CTなどで無痛で短時間のうちに
縦切り、輪切りの映像が出来ます。


自分の身体に、経験のないことが次々に起こる術前の検査、
手術に対する不安、恐怖心も、
設備が完備した痛みの専門医がいる病院では
痛みの怖さ、恐怖心を言えば対応していただけます。


あなたの周囲にも、屈強な男性で
「注射が怖い。検査して手術となったら怖い。だから検査しない。」
という人いるかもね。


手遅れよりも、寿命を全うしよう!


 


| コメント(0) | TB(1) | 管理人のがん手術>がん手術の後
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19468578
この記事へのトラックバック
妊婦さんの歪み・・・。
先日、6ヶ月の妊婦さんを施療しました。 妊娠7ヶ月位までは、通常バストマットを敷けばうつ伏せも可能です♪^^ この方は以前から来院されていたので、面白いm(_ _)mことに気づきました。骨盤の..
ブログ名院長ブログ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。