日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

有名人と大腸がん等>直腸がん・癌・病気

大橋巨泉さんは胃がんだった!



王貞治監督は胃の全摘出、
大橋巨泉さんは半摘出、
胃が無ければ胃がんにならない。
まだ胃があるから胃カメラ検査をしているとテレビで発言。
そのとおりです。


(本人の公式サイト)メッセージより
(2005年)去る6月末に胃がんの手術を受けました。国立がんセンターの片井均外科医長の執刀で胃の役半分を摘出されましたが、2週間を経た現在は、すでに退院して元気にして居ます。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より

大橋 巨泉(おおはし きょせん、1934年3月22日 - )は、昭和期の放送作家、タレント、元政治家。

多才な人物として知られる。東京都墨田区両国出生。千葉県出身。江戸切子の名人の孫。本名大橋 克巳(おおはし かつみ)。芸名はもともとは自身の俳号である。


■プロフィール

★ジャズ司会者

早稲田大学政治経済学部新聞学科中退。アテネフランセで英語を学ぶ。後に「早大を中退したタレントは出世する」という伝説の奔りとなった。早稲田大学の学生時代から当時ブームだったモダンジャズ・コンサートの司会者として活躍。なお早稲田大学在学中は俳人としての活動もしており「巨泉」という芸名はこの時期に付けた俳号である。2年後輩の寺山修司と出会った時に「こいつにはかなわん」と言って俳句の道から足を洗ったといわれる。

★テレビ界へ

ジャズ評論家・放送作家からテレビ司会者に進出、弁舌家のマルチタレントとして人気を得る。この方面では、やはり放送作家出身の前田武彦と人気を二分し、この2人で日本テレビのバラエティー番組「巨泉・前武のゲバゲバ90分!!」の司会を務めた。

★11PM・クイズダービー等司会で活躍

1960年代〜1980年代にかけ、夜11時台の成人向けバラエティ番組「11PM」(日本テレビ)や、クイズ番組「クイズダービー」(TBS)の司会で名を馳せる。(なお、クイズダービー内で女性出演者に対して下の名前で呼ぶことがあった。例:竹下景子→けいこちゃん、井森美幸→みゆき、など。なお2004年の復刻版でも50歳になった竹下に対して「景子ちゃん」と呼んでいた。)「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ通り、競馬や野球の評論でも活躍し、ニッポン放送の競馬中継「大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン」のメインパーソナリティーも務めた。その後、1990年に「55歳になったし、司会業は長くやるものではない」とテレビ、ラジオの全てのレギュラー番組を降板。メディア業界から「セミリタイア」した。

★OKギフトショップ

1973年、カナダのバンクーバーに「オーケーギフトショップ」を開店して事業家の道に転進。その後、バンフとナイアガラにも店舗を展開。さらに、オーストラリアのゴールドコーストとケアンズ、ニュージーランドのオークランドとクライストチャーチの7店舗まで拡大。湾岸戦争や同時多発テロ事件などの影響があったものの、ここでしか買えない限定の商品があったり、店員に日本語が通じるなどの面で評判が良く、軌道に乗っている。ちなみに、スーパーマーケットのOKストアとは関係ない。

★競馬評論家

競馬評論家としても積極的に活動していた。調教を見ないで予想することから、書斎派の筆頭格であった。1988年に絶筆した。 また、中央競馬の馬主でもあった(本名の大橋克巳名義)。「タケシツービート」という冗談の様な馬名の馬も所有していた。

★セミリタイア

「セミリタイア」は巨泉が出演中の全番組を降板する際の記者会見で使った表現で、完全に芸能界・放送界と縁を切る「リタイア」ではないことを強調したものである。

なお巨泉は50歳にはセミリタイアをする人生設計を描いていたが、各方面からの慰留もあり仕事を継続した。

★政界進出

菅直人幹事長(当時)が滞在中のロサンゼルスを訪れて出馬を依頼。これを受け、民主党から参議院議員選挙の比例代表候補として立候補し、当選したが、党との意見の違いにより、「日本の民主党がこれほどまでに反民主的な集団とは思わなかった」と、わずか6ヶ月で辞職。ツルネン・マルテイが繰り上げて当選した。辞職会見のときには、旧社会党系の民主党議員や社民党の議員が辞職する大橋を止めようと説得する場面があった(この時は、辻元清美や福島瑞穂などの議員もいた)。比例代表で当選した議員がその党の路線への不満を理由に辞職することについて各方面から批判された。当時、官房長官だった福田康夫は会見で「職場放棄だ」と表現した。

★現在

現在は、11月から翌年4月までオーストラリアとニュージーランドに、6月から9月までカナダに滞在し、経営するギフトショップの管理の傍ら、ゴルフを楽しむなど悠々自適の生活を送っている。日本に滞在するのは5月と9月から10月末までの約3ヶ月間だけで、この期間だけ、バラエティ番組にゲスト出演するなどしている。店舗経営の利益もあり、豪奢な生活を送るための資金に困ることはないと見られる。外国がとても好きなようだが、以前出演したテレビ番組で、寿司を食べてビールを飲んでご満悦のご様子で「日本人でよかった」とコメントする一面も。

藤村俊二、タモリ、ビートたけし、明石家さんま、島田紳助、ダウンタウン等から番組に出演するたびに「日本に帰ってくるな」「俺たちを潰す為にわざわざ番組に出てくる」などの嫌味を言われているが、これは慕われていることの裏返しであろう。「バラエティは生放送じゃなきゃダメ。今の番組はすぐにスタッフの意向でハサミを入れる(カットする)から、出演者の面白さが全部切り取られてる」「映画は監督のもの、テレビはホストのもの」が口癖(巨泉が司会を務めていた番組は殆ど収録番組であったが、全て放送時間と同じ時間で収録を行っており、極力カットもしなかった。現在このスタイルを取り入れている日本のテレビ番組は徹子の部屋、ライオンのごきげんようなど、ごく一部しかない)。尚、本人も日本に帰ってきた際、オファーがあれば収録番組にも出演するが、実際自身が観る番組は「笑っていいとも!」や深夜のニュースショーなど、生放送の番組だけだと言う。

近年はメジャーリーグ評論でも知られ、日本のMLB通タレント第一人者でもあり、メジャー30球団の選手名鑑を発売するほど精通している。「野球は巨人、司会は巨泉」がかつてのコピーだったが、現在は巨人ファンを辞め、「今の巨人じゃ日本球界は駄目になる」と語っている。

2005年5月9日、笑っていいともに出演。同年5月胃がんを患っていたことが判り、6月に摘出手術を行った。2006年にインタビューでアメリカでも日本でも「インテリ層や高収入層はスポーツ中継やニュース以外にテレビを見ない」と発言し物議を醸した。


★備考

愛川欽也、財津一郎、玉置宏、藤村俊二ら、同じ1934年生まれの芸能人たちと「昭和九年会」を結成している。


■家族

ジャズシンガーの大橋美加は、娘。 タレントの大谷瑠奈は、孫である。なお、彼女を含めて5人の孫がいる。姪には大橋ひろみがおり、フジテレビ系列『クイズ!知ッテレQ』のレポーター、日本テレビ系列『クイズ笑って許して!』の2枠解答者として出演した他、1984年秋には伯父の巨泉と「CFカード」のCMにも出演した。

■著書

巨泉 人生の選択」ISBN 4062737124
巨泉 2 The New Fifties」(自伝本)ISBN 4062683598

■出演番組

1960年代後半〜1970年代初めにかけては、多くのレギュラーを抱えていたが、OKギフトショップを開業した頃から、主要なものを除き司会番組をセーブするようになった。

お笑い頭の体操(TBS) 1968年4月 - 1975年12月
クイズダービー(TBS) 1976年1月 - 1990年3月(1992年12月の最終回で再び司会を務めていた。その後、特番で放送された復刻版でも司会を担当)
世界まるごとHOWマッチ!!(毎日放送) 1983年 - 1990年
ギミア・ぶれいく(TBS) 1989年10月 - 1992年3月 同番組のアニメ「笑ゥせぇるすまん」のモデルは大橋である。
11PM(日本テレビ) 1966年4月〜1985年9月<金曜日担当>、1968年2月〜1985年3月<月曜日担当>
TBS歌のグランプリ 1967年4月〜1969年
巨泉のこんなモノいらない!?(日本テレビ) 1987年10月〜1989年9月
巨泉まとめて百万円(讀賣テレビ放送) 1968年〜1972年
巨泉・前武のゲバゲバ90分!!(日本テレビ) 1969年10月〜1971年3月
ビートポップス(フジテレビ) 1966年〜1970年
巨泉の使えない英語(朝日放送) 1992年
おはよう(水曜劇場)(TBS) 1972年(巨泉の数少ない「俳優」としての出演作)
東京音楽祭・世界大会(TBS) 1972年・1973年総合司会(1972年の第1回大会で「第3回」と言ってしまい、あわてて「第2回」と訂正するも、どちらも間違っていた)
24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ) 1978年の総合司会。この時、番組のシンボルでもある黄色いTシャツを着ないでスーツにネクタイ姿で出演していた。
クイズまるごと大集合(TBS) 総合司会
現在は「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)や「吉田照美のやる気MANMAN!」(文化放送)「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ)にゲスト出演する程度である。

■CM

パイロットコーポレーション(パイロット・エリート万年筆。このCMで発した「はっぱふみふみ」が流行語に)
ロート製薬(新パンシロン)
ハウス食品(本中華)
セントラルファイナンス(CFカード)

■アニメ

くるみ割り人形(サンリオ製作)(ロシア風名士)

■音楽作品

『おれは天下の百面相』(作詞:井上ひさし、作曲:筒美京平、1969年発売、『巨泉のスター百面相』(フジテレビ)主題歌)
『こりゃまたみなさん百面相』(作詞:井上ひさし、作曲:筒美京平、おれは天下の百面相のB面曲)
『さすがわかってらっしゃる』(作詞:大橋巨泉、作曲:森田公一、1973年5月5日発売)

■関連項目

タモリ
ビートたけし
石坂浩二
関口宏
前田武彦
青島幸男
篠沢秀夫
北野大
はらたいら
竹下景子
山崎浩子
井森美幸
藤本義一
菅直人
小倉智昭
三ツ矢雄二
冨永みーな
田中真弓
鈴木真仁

大橋巨泉の公式サイト



| コメント(2) | TB(0) | 有名人と大腸がん等>直腸がん・癌・病気
この記事へのコメント
初めまして。相互リンクのお礼に伺いました。
新江ノ島水族館ルームの管理人まー坊です。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
まー坊
また、春と秋に日本に帰って来るのあせあせ(飛び散る汗)嫌だな、帰って来るなようっしっし(ネコ)、でもこういう毒のある人必要だよな

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。