日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

気をつけよう>腹腔鏡下外科手術・巨大病院第1例目

腹腔鏡下外科手術・巨大病院第1例目

昨日、テレビを見ていました。
タイトルは
「巨大病院と闘うにはこれしかない:男性はガソリンをかぶった」

ブログ管理人は、この男性と同じ「直腸がん」で人工肛門を造設しています。

「直腸がん」の男性は、
腹腔鏡下外科手術を当該巨大病院で受けるとき
腹腔鏡下外科手術第1例目という告知は受けていなかったわけです。

ブログ管理人は、「直腸がん」で薄くなっていますが大きな手術痕があります。
20年近く経った現在元気です。
がん告知も本人にはしなかった時代です。
執刀医は、現在テレビにもときどき登場する先生です。
骨盤まで削ってがん細胞を除去していただきました。
その先生は、東海地方で始めて腹腔鏡下外科手術をされた方です。
腹腔鏡下外科手術をされた頃は、通院していましたので
腹腔鏡下外科手術をされる前、
画面を見ながら遠隔操作をするための練習をされたとお聞きしていました。

今回テレビに取材された腹腔鏡下外科手術を受けた男性は、
腹腔鏡下外科手術の取材もされていて何故と思いました。
腹腔鏡下外科手術後、夜何回も排便のため起きるので熟睡したことがなかったそうです。
例えは悪いかもしれませんが、
出産直後のお母さんみたいな状況が何年も続いたと思います。

腹腔鏡下外科手術後、テレビ取材を受けながら、
なお壮絶な焼身自殺を選ばざるを得なかった
腹腔鏡下外科手術を受けた男性を思うとき
名医に助けられ、人工肛門であっても、お腹に袋を付けていても
生きられることを感謝しているブログ管理人です。

手術をするとき「セカンド・オピニオン」を考えること、
「インフォームド・コンセント」によって状況をよく理解すること、
これが患者や家族に与えられた唯一の後悔しない方法だと思います。

腹腔鏡下外科手術は王監督が受けられた手術方法です。

| コメント(1) | TB(0) | 気をつけよう>腹腔鏡下外科手術・巨大病院第1例目
この記事へのコメント
はじめまして^^

すと と申します。

ブログアフィリエイトの支援サイトをはじめたので
ご挨拶周りさせていただいてます〜♪

まだまだ情報は少ないサイトですが、
よろしくお願いします^^

また、ゆっくり拝見させて頂きに参ります〜^^
すと@ブログ支援
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。