日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

帯状疱疹(ヘルペス)発症

「帯状疱疹」の原因


「帯状疱疹」の原因は(Wikipedia)より抜粋
一度水痘になると、たとえ水痘が治癒しても水痘のウイルスが神経節の中に潜伏している状態(潜伏感染)が続く。ストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激などによりヒトの免疫力が低下すると、ウイルスが神経細胞を取り囲んでいるサテライト細胞の中で、再度増殖する(再活性化する)ことによって生じるのが帯状疱疹である(潜伏状態自体に害はない)。ウイルス再活性化のメカニズムは不明。

60歳代を中心に50歳代〜70歳代に多くみられるが、過労やストレスが引き金で若い人に発症することも珍しくない。

年齢が若いから軽症ですむとはかぎらず、その患者の抵抗力により重症度が決定される。初期に軽症であっても、無理をすることでいくらでも重症化する疾患である。

また、通常は生涯に1度しか発症しないので、免疫機能が低下している人を除くと再発することはまれである。

●私の妹が「悪性リンパ腫」で、闘病2年くらいで他界しましたが、完全に体力が落ち免疫力が無くなっていたのでしょう。
他界する10日ほど前「帯状疱疹」の後を見せてくれましたが、私より酷い症状でした。
悪性リンパ腫の治療中でしたから点滴の中に強い痛み止めが入っていたようで帯状疱疹の痛みは余り無かったようでした。





| コメント(0) | TB(0) | 帯状疱疹(ヘルペス)発症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381392155
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。