日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

腸閉塞の話

直腸がん-2回目の腸閉塞


直腸がん手術から12年くらい経って2回目の腸閉塞でした。
昼ごろ腹が痛くなり、吐き気がします。1回目の経験から腸閉塞と直感しました。
患者会の顧問医で懇意な先生に連絡し、市内の胃腸科病院に入院できるようにお願いしました。
取り敢えず入院しました。診察の結果はやはり腸閉塞でした。

腸閉塞1回目のことがあったから、緊急入院して点滴が早く出来ました。
浣腸しなくてもその夜には排便がありました。
しかし、24時間点滴、絶飲食が続きます。
お粥から普通食になるのは1回目の腸閉塞より早かったです。
シャワーを許可され退院許可が出るまでは自分の思い通りにはゆきません。
「もう、悪いところは無いのにナー」と思っても退院できません。
腸閉塞入院は10日くらい続きました。

腸閉塞には早めの処置が必要とつくづく思いました。
これは、私の体験です。でも、参考にはなると思います。

腸閉塞は読んで字のごとく、腸が詰まる病気です。
しかし、腸の手術を受けると腸と腸が癒着する病気もあるようです。

私は、直腸がんで人工肛門になり、腸閉塞という病気を経験しました。
自分のことは、ある程度自分で判断出来るようになったと思っています。
腸閉塞3回目以降はどうなるのでしょう・・・?




タグ:腸閉塞

| コメント(0) | TB(0) | 腸閉塞の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。