日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

腸閉塞の話

直腸がん-腸閉塞5回目


腸閉塞5回目は4回目から半年経たずでした。  
腸閉塞4回目みたいな腹痛になりました。
今回は、罹りつけクリニックが診察時間でしたから受診しました。
待っている間にトイレで嘔吐しました。
レントゲンを撮ってもらいましたが、前のように大腸の中に滞留便が無いのです。
罹りつけクリニック医師は、「空気が溜まっているような風に見えます。点滴をします」ということで、点滴をしていただきました。
しかし、翌日まで排便が無かったので2回点滴をしてもらいました。
漸く排便があり、ホットしました。
助かりました。直腸がん腸閉塞は、苦しいのです。嘔吐も苦しいのです。

罹りつけクリニック医師の処方された下剤「ラキソベロン」は強いようなんですが、
ヘルニアのところを便が滞りなく通るためには、柔らかい下痢便に近い状態も納得していました。

下剤は、その後「酸化マグネシウム0.5g」に変更しました。

私は食事に気を付けるようになり、よく噛むということを実践しています。
消化に悪いと思うようなものは食べないようにしています。
それを実践するようになって現在、腸閉塞は起こらなくなりました。
今では、下剤も服用していません。




タグ:腸閉塞

| コメント(0) | TB(0) | 腸閉塞の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383716736
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。