日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

心臓・狭心症・カテーテル治療

心臓冠動脈、左足の付け根の動脈の閉塞はカテーテル治療で治癒できる


私は直腸がんによる人工肛門造成手術を受けています。

このブログにも記載していますからご理解いただけると思いますが
最初は人工肛門というものを知らないで手術を受け、
左脇腹に袋がつくとは思ってもいなかったのですが
便の出口が違っただけだと強がりを言っていました。

そのような強がり坊やが、
相当前から死ぬときは「心臓病」と思っていました。

布団の上げ下げで動悸が激しくなり荒い息遣いに悩まされていました。
100メートル歩くと足が重く苦しい状態になりました。
罹りつけクリニックで先生に動悸が激しく苦しい旨を言って
時々何回も、心電図をとってもらっても異常無しでした。

あまりに苦しいので、近くの循環器科のある病院で受診しました。
そこでは、血圧脈波検査解析といって二段ほどの階段を三分間昇降して血圧その他を計る方法がとられました。
最初に両手、両足に血圧計を付けて計測し、運動後同じように計測する訳です。
一分ほどで動悸が激しく苦しくなりました。
それで、三分間昇降を中止し両手、両足に血圧計を付けて計測しました。
その結果両手と右足は正常だけど、左足の血管に詰まりが疑われる。
足の血管の詰まり(ABI)は、右足:1.16・左足:0.67となりました。
左足の血管壁にコレステロールなどが沈着し、血管の流れを妨げている可能性がある。
血管の硬さは、血管に詰まりが疑われるため、評価できない。
と結果がでました。

それで、循環器の先生に検査設備の整ったハートセンターを紹介されました。

病院で交付された「紹介状」を持ってハートセンターを受診しました。
ハートセンターは心臓疾患の専門病院で24時間体制の病院です。
診察を受け、いろいろ検査をしていただきました。
その結果、日帰りカテーテル検査を受けることになりました。
二日後に午前8時30分までに受付を済ませることになりました。

ハートセンターでは日帰りで、左手首からカテーテル検査を受けました。
まるで工場のように天井からぶら下った機械や、
小さなベットの周囲にもたくさんの器械がありました。
数人の医師、画像技師、看護師その他の方々が互いに声を掛け合いながら、
心臓冠動脈、左足付け根の動脈の閉塞を動画に記録されました。
初めての左手首からのカテーテル(管)を動脈に差し込んで造影剤を入れたり
心臓冠動脈や左足の付け根まで管が差し込まれているにも拘らず
時々、看護師さんが「気分悪くないですか?」などと聞かれるのですが
造影剤注入の時に先生が「ちょっと熱くなります」と言われたときに
熱く感じたくらいで、思っていたよりも身体に負担はありませんでした。
カテーテル検査終了後、先生が「今まで、シンドカッタやろうな」と言われました。

ストレッチャーで病室に移動し数時間後、
別室で、先生から動画画面を見ながら説明がありました。
動脈硬化による心臓冠動脈に数ヶ所、
左足の付け根の動脈が相当重度の閉塞があり
狭心症と診断されました。

10年ちょっと前、友人が社会保険病院で冠動脈のバイパス手術を受けたのですが
たまたま手術前日見舞いに行ったところ、
心臓の模型で手術の説明を受けるときに立ち会ったのですが
その時は、左足の静脈を切り取って
詰まっている冠動脈のバイパスにすると説明をされました。
胸を開き、足から血管を取り出すという大変な手術でした。
退院まで、相当な期間が掛かったとともに
退院後も歩行など回復までに長い時間が掛かった記憶があります。

心臓冠動脈、左足の付け根の動脈の閉塞はカテーテル治療で治癒できるということになりました。
カテーテル治療(手術)は一泊入院で、翌朝には退院できます。
医学の進歩は目覚しいものと感慨ひとしおです。





| コメント(0) | TB(0) | 心臓・狭心症・カテーテル治療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。