日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

有名人と大腸がん等>直腸がん・癌・病気

神経性大食症(過食症)

神経性大食症過食症)とは
(しんけいせいたいしょくしょう、Bulimia nervosa、BN)とは
一気にものを食べる摂食障害のうち、
それに対する代償行為を行うもののことを言う。

過食症とも言われる。
この場合激しく飲食した後に、
嘔吐、下剤・利尿剤・薬物・過度の運動・絶食による代償行為を行う。


なお、代償行為を行わないものはむちゃ食い障害と言う。
最悪の場合自己嫌悪から自殺を図る事もあり、
その確率は拒食症のそれよりも高い。
ジェラルド・ラッセル教授によって1979年に提唱され、
1980年の米国精神医学会によって摂食障害として承認された。

神経性大食症の人は代償行為を行うため太っていることは少ない。
大半は嘔吐や後の絶食・ダイエットなどで体重を保っている。
(なお、過食の後に下剤を服用するBNも多いが、
下剤や浣腸では食物の吸収を防ぐことはできない。)

過食症という名称から誤解されることも多いが、
この症状の根底には無理なダイエットに関する考え方がある事が多い。
種類としては排出型と非排出型がある。
排出型によく見られる
自己誘発性嘔吐といった症状は拒食症患者の中にも見られるものである。
非排出型の場合、その後で絶食や過度の運動を行う。

もともと神経性大食症
虐待(性的虐待など)がなければ起こりにくいと言われており
かつては「日本では虐待が少ないから大丈夫」などという声もあったが、
きちんと多く存在している。

実際近年虐待の発覚数が増えてきたため、
日本でも状況は似たようなものだったと近年は認識が変わりつつある。
なお、虐待を受けた人がこの症状に走ることが多いのは、
不足した愛情を食べることで無理矢理補償しているからではないかと言われている。


有名人とBN(過食症
カレン・カーペンターは最終的には激しい過食期に入り亡くなった。
ダイアナ妃も一時期過食症になっていたといわれる。
1980年代後半のエルトン・ジョンは精神的に不安定な状態となっており、
過食症やアルコールの過剰摂取を行っていたといわれる。
過食症を題材にした日本の文学作品に「巨食症の明けない夜明け」がある。

| コメント(0) | TB(0) | 有名人と大腸がん等>直腸がん・癌・病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39222033
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。