日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸癌について

大腸癌の危険因子



アメリカ合衆国において、
生涯に大腸癌に罹患する確率は約7%である。
各ファクターは個人それぞれについて癌が進行するリスクを増大させる。
そのような危険因子を次に挙げる。

大腸癌に罹る家系。
特に55歳以前の罹患や癌の多発の場合著明である。

年齢。
大腸癌に進行するリスクは年齢とともに増加する。
その多くは60歳代から70歳代で発症する。
50歳以下の場合は、
遺伝的に若年齢の大腸癌を罹患する家系以外はあまり見られない。

癌の既往歴。
卵巣癌、子宮癌、乳がんに罹患した婦人は、
大腸癌に進行するリスクが増大する。

家族性大腸腺腫症(Familial adenomatous polyposis;FAP)の患者は、
全大腸切除を施されない場合はほぼ100%が癌に進行する。

慢性化した潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis)や
大腸のクローン病(Crohn's disease)は患者は、
全大腸切除を施されない場合には25年後でおよそ30%が大腸癌となる。

遺伝性非ポリポーシス大腸癌
(hereditary nonpolyposis colorectal cancer;HNPCC)
別名:リンチ症候群

喫煙。
喫煙者は非喫煙者よりも大腸癌で死亡する傾向がある。

食事。
過去、新鮮な果物や野菜(食物繊維)をとり、
動物性の食肉を減らすと大腸癌のリスクが低減すると言われてきたが、
最近の研究調査では否定的な結果が出ている。
(野菜・果物をよく食べる人の大腸がん発症リスクは食べない人と同じ、
肉を良く食べる人でも、大腸がん発症リスクは高くならない)

食物繊維は
摂取量が極端に少ない(平均約6g)人に限ればリスクが高くなるものの、
それ以外の場合は関係がないと考えられている。[1]

ウイルス。
ある種のウイルス感染
(例えば、ヒトパピローマウイルス human papilloma virus)は
大腸癌との関連が知られている。

運動量。
活発に運動する人々は大腸癌に進行するリスクが低い。

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸癌について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50822610
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。