日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸癌について

大腸癌の症状



大腸癌の症状を次に挙げる。

・排便習慣の変化(便秘、排便時の疼痛、便の太さが細くなる)
・血便
・説明の付かない体重減少
・貧血(anemia)あるいは疲労感、沈滞、病的蒼白
・腹痛、下腹部の膨満感
まったく症状が現れない場合も少なくない。
これらの一つでも該当するならば、
医師の診断や人間ドックを受けるべきである。
また日本においては便潜血検査による健診が行われており、
潜血反応陽性のひとは自覚症状がなくても積極的に検査することが望ましい。

一般に早期大腸癌であれば自覚症状はなく、
健康診断や人間ドックで発見される。
進行大腸癌でも環周度が1/4以下ならば症状はほとんどない。
1/2周を超えると腸内容の通過障害を起こす場合がある。

左側結腸に存在すると便通異常、腹痛、腹部膨満感などがあり、
血便を伴うこともある。
しかし、右側結腸ではこれらの症状は乏しく
貧血、体重減少、腫瘤触知などの症状となる。
これは上行結腸では内容物がまだ液体であるからであると説明されている。
左側結腸の全周性病変になると
排便困難、便秘、イレウスを起こすこともある。

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸癌について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。