日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸癌について

大腸癌診断の基本的な流れ>進行大腸癌の化学療法



大腸癌に対して化学療法を行う場合がある。
その目的は大腸癌の再発を抑制し、予後を改善することである。

stageV結腸癌に対しては術後に
5-FU/l-LV療法(RPMレジメン)を半年間行うことが標準療法として確立している。

stageUでも再発高リスクと判断された場合は術後化学療法を行う。
日本ではTS-1が選択されることが多いが、
その効果は証明されておらず、
個々の医師の裁量で行われているものである。

切除不能と判断されたstageW、
再発大腸癌に対しては、FOLFOX、FOLFIRI、
あるいはこれらに分子標的薬を加えたレジメンが標準療法と見なされている。

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸癌について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50921525
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。