日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸癌について

大腸癌診断の基本的な流れ>進行大腸癌



進行癌になると部位、
大きさによって症状が出現することが多い。
内視鏡でも基本的早期癌よりも大きく、形がいびつになる。


進行癌では転移が多いので術前にCT、MRIを用いて
転移の有無を確認する。
CTでは壁の肥厚や周囲リンパ節の転移、
また大動脈の周囲のリンパ節、肝転移、肺転移を調べる。

それによって臨床診断をし、手術法を決定する。
開腹手術を選んだ場合は、
手術中に予測外に進行が進んでいると発覚する場合もある。
その場合は、切除範囲をさらに広げ、
最終的に病理診断に診断によって病期を決定する。
転移が認められる場合は手術でとりきれることもあるし、
とりきれない場合もある。
場合によっては術後化学療法を行う。

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】
タグ:進行大腸癌

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸癌について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。