日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸癌について

大腸癌診断の基本的な流れ>大腸ポリープ



大腸ポリープとは大腸にできるポリープである。
健康診断や人間ドックで偶然見つかることが多い。


胃ポリープと異なり
癌化のリスクがあるため治療の対象となりうるものである。

大腸ポリープは全体の70〜80%がS状結腸と直腸に分布する。
大抵は腺腫(アデノーマ)である。
長径5mm以下の病変は癌化率は低いとされ、
それ以上が治療の対象となる。
長径10mm以上が積極的な切除が進められる。

これら大腸ポリープの分類は早期大腸癌と同じである。
早期大腸癌では転移がほぼ考えられないため
内視鏡による形態分類が行われる。
治療はポリペクトミーやEMR
(粘膜下層に生理食塩水などを注入し、
人工的に隆起させた後ポリペクトミーをする方法で
扁平や広基性の場合に行う)である。

電解質異常を起こすことで
有名な絨毛腺腫は40%という高率で癌化を示し、
また広基性の場合が多く、
内視鏡的切除が困難で外科的切除となることもある。

一般に大腸癌の内視鏡所見では、
粘膜より明瞭な境界をもって存在し、
隆起を形成し中央に陥凹部を伴うことが多い(限局潰瘍型)、
壁浸潤が深いほど高い隆起と深い陥凹を示す。
あまりに大きいと進行癌大腸癌、
小さいとポリープというのが印象である。

早期癌と腺腫の区別に関してはピットパターンが有用である。
これは30〜100倍の拡大観察を行って
表面の腺管開口部の形態と分布から判断する方法である。

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸癌について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50922738
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。