日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸癌について

大腸癌診断の基本的な流れ>早期大腸癌



早期癌という概念がある。
これは低侵襲な処置で根治が可能と考えられている腫瘍であり、
反対語は進行癌である。

大腸癌の場合は早期癌の定義は粘膜下層(sm)までに留まる浸潤度で、
リンパ節転移の有無を問わないとされている。

これはあくまで腫瘍と思われる部位を切除して
病理検査しないかぎり断定することはできない定義である。
そこで様々な検査所見から浸潤度を予測して処置を行ってみて、
その採取標本の所見で予想が当たっていたか確かめる。
予測より進行していた場合は追加の処置をするという方法論をとる。
まずもっとも軽症な大腸ポリープから説明していく。

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】
タグ:早期大腸癌

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸癌について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。