日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸癌について

大腸癌治療>大腸癌化学療法



大腸癌化学療法は、
切除不能な進行大腸癌に対する第一選択の治療法である。

化学療法は一時的に腫瘍を縮小させ、
癌の進行を遅らせて生存期間を延長する。

いっぽう、癌の再発を予防するためにも実施される。
すなわち、
補助化学療法(adjuvant)として外科手術の後に実施されたり、
術前化学療法(neo-adjuvant)として手術前に実施される。

2006年現在
大腸癌に対して使用される代表的な薬剤は、

フルオロウラシル、ホリナート(日本国内ではレボホリナート)、
イリノテカン、オキサリプラチン、テガフール・ウラシル配合剤、
カペシタビン(日本国内未承認)、ベバシツマブ、
セツキシマブ(日本国内未承認)などである。
日本ではティーエスワン®も頻用される。

切除不能大腸癌の化学療法はかつて5-FU/ロイコボリン療法が標準とされていたが、
イリノテカンおよびオキサリプラチンの登場により
状況は大きく変化した。

これら薬剤の併用(FOLFOX、FOLFIRI)により
20ヶ月を超える生存期間中央値が報告されるなど、
治療成績は飛躍的に向上している。

2006年現在、欧米ではさらに
ベバシツマブなどを加えたレジメンが標準療法とみなされており、
日本でも承認へ向けて臨床試験が進行中である。

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸癌について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50923832
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。