日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸癌について

大腸癌治療>大腸癌外科療法



大腸がん外科療法は、
癌が局在的ならば、大腸癌を根治させる最善の方法である。
ごく早期の癌で、粘膜内にとどまっている場合は、
内視鏡手術により切除可能である。


癌が進行すると大腸がん通常外科手術によって、
腫瘍が存在する大腸の切除と再発の可能性を減らすために
周辺のリンパ節組織の郭精が実施される。
可能であれば残った腸の同士を吻合して機能形成術がほどこされる。
病変が肛門に近く吻合が出来ない場合は、人工肛門が形成される。
明確な遠隔転移がある場合は通常外科手術は適用にならない。

腹腔鏡下大腸切除術の大腸癌への適用は痛みを伴う切開を最小限にし、
術後感染のリスクを低減させる。

一般的な外科手術の場合と同様であるが、
大腸がん外科手術は稀に
術後感染、膿瘍、腸管穿孔あるいは腸閉塞を引き起こすことがある。


直腸がんによる人工肛門造設手術の前
直腸がんによる人工肛門造設手術の後
術後19年>腸閉塞・3回の経験

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸癌について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50925107
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。