日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸癌について

大腸癌治療>大腸癌治療



大腸癌の治療方針は癌の病期によって変わってくる。
早期大腸癌の(浸潤がわずかな)場合は根治可能である。


しかし発見時の病期が
後期であるならば(遠隔転移がある場合)根治の見込みは少なくなる。
肝臓への転移等については
原発巣が根治できる場合に肝臓の合併切除も行われ
治療成績も比較的良い。

大腸癌外科療法が第一選択で、
大腸癌化学療法、
大腸癌放射線療法が個々の患者の病期や
医学的な諸要因により併せて実施される。


大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】
タグ:大腸癌治療

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸癌について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50925462
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。