日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸癌について

大腸癌の診断の概要



大腸癌は発生してから
大きな腫瘤を形成するまでに進行するのに数年はかかり、
早期に発見できれば完全治癒の可能性が大きくなる。

症状があったり、
リスクが大きい者は積極的に大腸癌検診を受けるべきであり、
目的によりいくつかの異なった検査がおこなわれる。
自覚症がない人々が対象の集団健診では普通、便潜血反応が行われる。
潜血反応が陽性であったり、自覚症状がある場合、
貧血などの異常がある場合、
その他の大腸癌のハイリスクの場合は、
癌をはじめとする大腸疾患の確定のため大腸内視鏡検査が行われる。

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸癌について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。