日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

有名人と大腸がん等>直腸がん・癌・病気

松本幸四郎&鳥越俊太郎が対談「生と死」意識



管理人は、直腸がん手術の体験者として興味がある。
白い巨塔も2回テレビ放映され、両方とも鑑賞した。
55年前の医学水準と現代の医学の違いが表現されるか?
55年前の原作をそのまま演じるのか?
------------------------------------------------
1952年 生きる 東宝
監督・黒澤明
脚本・黒澤明、橋本忍、小国英雄
出演・志村喬、日守新一、千秋実、小田切みき、
田中春男、中村伸郎、金子信雄、浦辺粂子、
藤原釜足、左卜全、宮口精二、渡辺篤、伊藤雄之助
143分/白黒/スタンダード
------------------------------------------------

幸四郎&俊太郎が対談「生と死」意識

黒澤明監督の映画をリメークした
テレビ朝日ドラマ「天国と地獄」(8日後9・00)
 出演:佐藤浩市、安部寛、鈴木京香、妻夫木聡ほか
テレビ朝日ドラマ「生きる」(9日後9・00)で、
 出演:松本幸四郎、深田恭子、北村一輝、ユースケサンタマリアほか
がんと闘う主人公を演じた松本幸四郎(65)が、
大腸がんを克服したジャーナリスト鳥越俊太郎氏(67)と
人生観について語り合った。
ドラマの主人公はがんになって初めて「生きる」 ...
詳しくは下記から
[ スポーツニッポン 2007年09月05日付 紙面記事 ]

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】
タグ:生と死

| コメント(1) | TB(0) | 有名人と大腸がん等>直腸がん・癌・病気
この記事へのコメント
最近になって初めて日本の癌学界でも癌組織体の根源細胞である癌の幹細胞の存在が注目され始めました。癌の幹細胞に関する研究が進展すれば、将来の癌研究や癌治療に重大な転機を齎すものと期待されます。小生は1992年以来、癌の幹細胞に対処する治療概念、すなわつ、今までにない全く新しい治療概念を記載した論文17篇を国際的な医学雑誌に掲載しています。それらの論文資料にご関心のある方には、個人的に無料で郵送致しますので、郵送できる宛先をお知らせ下さい。
780-0870 高知市 本町 5-4-23 平田病院 平田陽三
電話:088-875-6221 Fax: 088-871-3801
E-mail: hphirata@mb.inforyoma.or.jp
平田 陽三
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。