日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん免疫療法>免疫療法

活性化リンパ球療法・白山通りクリニック



免疫療法による癌(がん)治療専門の白山通りクリニック
(ISO9001認証取得施設)

■免疫療法

免疫療法には種々の方法がありますが、
近年、「第4の癌(がん)治療法」ということで
副作用などの苦痛をともなわず、
生活の質(QOL)を高めるような『免疫療法』が注目されています。

免疫療法は、
活性化リンパ球療法(活性化自己リンパ球療法)などの
最先端の細胞免疫療法(免疫細胞療法)から、
東洋医学である漢方療法、
健康食品(アガリクスなど)の類までいろいろな種類があります。

 癌(がん)治療は
 「手術」「化学療法」「放射線療法」が主流ですが、 
 どの癌(がん)治療法も効果以上に副作用などで 
 患者さんに苦痛が伴うことがあります。
 また、年令や体力に実施が難しい癌(がん)治療も多くあります。   
 免疫療法は、このような厳しい副作用が比較的少ないことが特徴です。

 癌(がん)の免疫療法は、
 もともと人の持っている免疫力を高めて
 癌(がん)を治療しようということですが、
 免疫力を高めるには様々な方法があります。
 
 白山通りクリニック・がんと免疫療法
 ⇒ 細胞免疫の遍歴へ
 ⇒ 健康食品、サプリメントの説明へ
 ⇒ 副作用が少なく、QOLの改善・再発予防に最適な免疫療法
   活性化リンパ球療法の説明へ
 ⇒ 活性化リンパ球療法(免疫療法)による癌(がん)治療実績も見る

■活性化リンパ球療法
活性化リンパ球療法は、
少量の血液から調製できる免疫細胞を使用して
高い癌(がん)再発予防効果が得られています。

関根暉彬博士(元国立がんセンター室長)は、
術後肝臓癌に対する活性化リンパ球療法(免疫療法)の
再発予防効果を世界で初めて明らかにしました。

さらに、活性化リンパ球療法は、
免疫不全あるいは免疫低下状態にある患者さんの
ウイルス感染症などにその有用性が確認されています。

現在も多数の医療機関で
活性化リンパ球療法による治療が行われています。

実際、白山通りクリニック関連の活性化リンパ球療法は、
ランセットの論文を代表として
既に多くの論文が発表されています。

■2082症例の治療実績

白山通りクリニックおよび
提携医療機関等の活性化リンパ球療法(免疫療法)による
癌(がん)および肉腫、腫瘍に対する治療実績
(論文・学会発表・未発表データ)を掲載します。
■活性化リンパ球治療 がんの種類別治療実績

白山通りクリニックは、
2007年4月末時点で2082症例の肺がん、大腸がん
肝臓がん(肝細がん)、乳がん、
子宮がん(子宮体がん、子宮頚がん)、膵臓がん、
脳腫瘍、胆管がん、食道がん、腎臓がん(腎細胞がん)、
前立腺がん、胆嚢がん、舌がん、咽頭がん、膀胱がん、
小腸がん、悪性黒色腫、平滑筋肉腫、C型肝炎、甲状腺がん、
耳下腺がん、上顎洞がん、卵管がん、虫垂がん、悪性リンパ腫、
顎下腺腫、胸腺腫、喉頭がん、結腸がん、直腸がん、胃がん、
卵巣がん、胆肝がん、十二指腸がん、尿管がん、口腔底がん、
精巣がん等の免疫療法の治療実績を有しています。

医療法人社団輪生会 白山通りクリニック

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん免疫療法>免疫療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55976016
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。