日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんトピック

大腸がんトピック・都会の若年層に急増する"腸の現代病"



管理人は直腸がん、人工肛門を付けている。
日本オストミー協会の支部で相談室がある。
人工肛門も、腹の左側、右側とお腹の場所が違うことがある。
何故かというと、
大腸を腹部に穴を開けて首(大腸)を出すのが左付き、
大腸を取り去って小腸を腹部に穴を開けて首(小腸)を出すのが右付き、

口から入った食物は、
胃で消化され、小腸で栄養を吸収する。
大腸に送られた食物の残骸は水分を吸収されて便となる。
故に、右に人工肛門を付けなければならない人は非常に軟便だ。
左の場合は普通の便が出る。

潰瘍性大腸炎で、大腸を全部取った人は人工肛門右付きとなる。
人工肛門の友人にも多い。
内部障害にはならない方がよい。
ブログ訪問者の皆さま、十分お気を付けあれ・・・。

下記記事にある「機能性胃腸症」とは
安倍首相を襲った病気として有名?である。


都会の若年層に急増する"腸の現代病"(上)
日経ビジネス オンライン
大腸がんの発病リスクにも
機能性胃腸症ほど患者数は多くありませんが、
東京、神奈川などの都市部の若年者を中心に
「炎症性腸疾患」という"腸の現代病"が急増しています。
代表的なのは潰瘍性大腸炎とクローン病です
(ほかに腸管ベーチェット病や感染性腸炎なども)。 ...
詳細は下記からどうぞ!
日経ビジネス オンライン 2007年9月20日 木曜日

都会の若年層に急増する"腸の現代病"(上)

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!
タグ:腸の現代病

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。