日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんトピック

大腸がんの治療<中>肛門温存手術 元の生活ほぼ可能に



直腸がん手術で、管理人は人工肛門を造設した。
平成元年のこと。
その頃は、患部を全部切除する時代であった。

それから暫く経って、講演で神経の温存手術のことを聞いた。
欧米では、「癌の切除を頼んだが、
神経や機能不全になるようには頼んでない。」と
患者に言われるそうで、訴訟になる事もある由・・・。

そんな記憶が蘇るようなニュースだ。
医学の進歩は凄い。

大腸がんの治療<中>肛門温存手術 元の生活ほぼ可能に
中日新聞
神奈川県藤沢市の主婦北川好美さん(52)は
昨年一月、
東京都立駒込病院で直腸がんの外科手術を受けた。
がんは肛門(こうもん)から
約二センチの直腸に約六センチ広がっていた。
直腸を全摘し、
結腸と肛門を吻合(ふんごう)する(つなぐ)手術をして
肛門機能を温存でき ...
詳しくは下記からどうぞ!
中日新聞 2007年9月14日

大腸がんの治療<中>肛門温存手術 元の生活ほぼ可能に

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。