日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

有名人と大腸がん等>直腸がん・癌・病気

大腸がん「緩和ケア」考える 市民らが重要性理解 酒田で講演会



管理人は直腸がん、石坂浩二さんも直腸がん、
渡哲也さんも直腸がん、鳥越俊太郎さんも直腸がん

この4人の中で異なるところが2:2ということ。
ここ数年の間に直腸がん手術をした方は
内視鏡手術で開腹してない。
15年以上前の直腸がん手術は開腹して
癌の周囲をザックリと取り去った。
再発の可能性は低い。

しかし、癌になり易い体質は癌に罹病した人はある。

再発しなくても、他の部位が癌に侵される可能性は高い。


管理人は直腸がん手術の前夜、
麻酔医から術後の痛みが出ないように
背中に管を埋め込み、
管の先に薬剤の入った容器を付けられた。
それまでも患部が痛かったので
薬剤が少しづつ出るようにしてもらった。
すると、アーラ不思議、今まで痛かった患部の痛みが消えた。

今は、点滴の中に入っているのだろう。
このようにして痛みをとることで
正常に考えたり、行動することが出来るのだろう。

「緩和ケア」考える 市民らが重要性理解 酒田で講演会
荘内日報
大腸がん治療の経験などを踏まえ
「医師から『顔色がよくなってきた』などと
声をかけてもらったことで、
元気が出て、がんは治るという思いを強くした。
がんに限らず、
精神的な苦痛を取り除かないと
本当の緩和医療にはならない。
言葉が大切であり、
同じ思いをしている方々を ...
詳しくは下記からどうぞ!
荘内日報ニュース >> 2007年9月25日

「緩和ケア」考える 市民らが重要性理解 酒田で講演会

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!
タグ:緩和ケア

| コメント(0) | TB(0) | 有名人と大腸がん等>直腸がん・癌・病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59026039
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。