日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんトピック

がん生存率病院別公表 成人病協議会 施設ごとに大きな差



大腸がんなど早期発見では、完治する時代になったが
いわゆる、5年生存率(手術後5年経って生きている患者)の
病院別の生存率が公表されたようだ。
しかし、
手術時、早期発見患者か、
重篤な患者であったかのことまでは斟酌されていないので
一概に決め付けるわけにはいかないようだ。

でも、管理人が癌患者として思うに、当然ながら
手術に際し、経験豊かな執刀医とそうでない場合
経過は異なると思う。
手術に際しては、患者側も留意すべきと思う。

がん生存率病院別公表 成人病協議会 施設ごとに大きな差
西日本新聞
胃がんでは、
生存率が最も高いのは
国立がんセンター中央病院の84.1%。
最も低かった匿名の施設の45.5%と大きな差があった。
乳がんで最も高い施設は92.9%、最も低いのは72.3%。
大腸がんは87.6%と63.8%、
肺がんは55.5%と24.7%と、...
詳しくは下記からどうぞ!
2007/10/06付 西日本新聞朝刊

がん生存率病院別公表 成人病協議会 施設ごとに大きな差

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60185447
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。