日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん手術>大腸がん・診断と治療

大腸がんとPET検査の四谷メディカルキューブ



四谷メディカルキューブについて

あなたが通う病院は、
いつも充分でていねいな説明をしてくれますか?
ちょっとした相談でも気軽にできる病院があれば、
と感じたことはありませんか?

たとえどんなに高度な医療施設であったとしても、
来院されるあなたと私たちの信頼関係が 強くて円滑でなければ、
ほんとうの医療は成立しないと考えます。

私たちが理想とするのは、
おひとりおひとりの身になって、
じっくりとお話をうかがい、
より確かなアドバイスや医療サービスをご提供していくこと。
そのために、
何よりもコミュニケーションを大切にし、
気軽に、安心して、一見ささいと思えることでも
ご相談いただけるような医療施設を目指します。

★大腸がんとPET検査

その診断、治療法は?

〜 大腸ガンの診断は? 〜

大腸ガンの程度は、ABCの3つの段階に分類されます。
Aは、ガンが大腸壁内にとどまっている段階。
Bは、ガンが大腸壁まで出ている段階。
そしてCは、リンパ節に転移のある段階です。
一般に、Aの段階であれば、手術により90%は治ると言われています。

さらにこれより初期の段階、
ポリープの状態で発見できれば、
肛門からカメラを入れる大腸内視鏡による手術で切除できます。
直腸にあるものなら場所も近く、
痛みもないので麻酔なしでも切除できます。
奥の方ですと内視鏡がかなり深く入って行くため、
患者さんによっては痛みを感じる場合もあります。
この場合は、静脈麻酔をした上で切除を行います。

〜 治療には、どのぐらいの時間がかかるのですか? 〜

治療にかかる時間は、大体30分くらいです。
小さいポリープなら外来で終了。
1センチを少し越えるものでも2〜3日入院といった程度です。

また、ある程度、進行したガンに対しては、
お腹に小さな穴を2〜3カ所開け、
カメラを入れて手術する腹腔鏡手術が行われます。
さらに進行したガンになると開腹手術が必要になります。

PET-CTについて

PET-CTとは
PET-CTとは代謝を画像化するPET検査と、
CT検査を同時に行うことができる、がん診断のための装置です。
がん細胞は正常細胞よりも
多くのブドウ糖を消費するという特性があります。
FDGというブドウ糖に似た構造の薬剤を使用し、
体内のブドウ糖の代謝を画像化してがんを診断する
FDG-PET検査と、臓器の形、位置などがわかる
CT検査を同時に行うことにより、
短時間で、身体の広い範囲を対象として、
精度の高い診断画像を得ることができるのです。

大腸がんとPET検査の四谷メディカルキューブ

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん手術>大腸がん・診断と治療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61135640
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。