日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんトピック

大腸がん・GNI、中国におけるがん治療の標的遺伝子に関する特許取得について



大腸がんや胃がん、肝臓がん、肺がんなどに有益な治療が出来る特許が
中国で取得されたということは同慶の至りです。
しかし、これら特許申請が何故日本で申請されないのか?
先ず日本で特許を取って、世界特許というようにならないか?
または、同時申請するというようなことがされないか?
日本で、新説の発表でなく、アメリカで発表ということも聞きます。
これは、英語圏で認められることが大切なのか?
日本の特許申請は受理されたときから認められるまで
時間が掛かるのか?
全てにおいて、日本は遅いからなのだろうか?
大臣が動かないとスピードが付かない日本なのだろうか?

GNI、中国におけるがん治療の標的遺伝子に関する特許取得について
Japan Corporate News Network (press release)
ULBPタンパク質は
大腸がんや胃がん、肝臓がん、肺がんなどにおいて高頻度で発現し、
免疫細胞により認識され体内で攻撃されます。
この現象はがんに対する重要な免疫監視プロセスです。
さらに、
このタンパク質の一部はがん患者の血液中に見られるため、
こうしたがん関連...
詳しくは下記からどうぞ!
Japan Corporate News Network (press release) 2007年10月25日

GNI、中国におけるがん治療の標的遺伝子に関する特許取得について

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】
タグ:GNI

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62735481
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。