日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんトピック

大腸がんと潰瘍性大腸炎



管理人は、直腸がんのため人工肛門を造設した。
人工肛門の会に参加している。
人工肛門造設者の中に、
大腸を全部摘出して小腸に人工肛門を付けている人がいる。
この大腸を全部摘出した人は、潰瘍性大腸炎の人が多かった。
親しい人の中に、
潰瘍性大腸炎だから癌ではないと言っていた人がいた。
しかし、元気であったが癌を発症して入院、不帰の人となった。

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)は、
大腸に潰瘍やびらんができる原因不明の疾患。
クローン病とともに炎症性腸疾患に分類される。
1975年に厚生省の特定疾患に指定された。

潰瘍性大腸炎の疫学
若年成人に好発し、罹患数は増加傾向にある。
最近は高齢発症も珍しくない。
原因は完全には解明されていないが、
免疫抗体の異常が原因とされている。
特定疾患、および特定疾患治療研究事業対象疾患に指定されている。

潰瘍性大腸炎の症状
粘血便、下痢、腹痛、発熱などがある。
若年者でこれらの症状をみた際には
潰瘍性大腸炎を疑って精査する必要がある。

合併症として腸閉塞、腸管穿孔をおこして
緊急手術が必要となる場合がある。
また、潰瘍が深くなって固有筋層に及び、
広い範囲の腸管神経叢 (固有筋層の中層にある) が露出すると
腸管の収縮機能が失われ、大腸の拡張をみるようになる。
この状態が中毒性巨大結腸症であり、
穿孔の危険もあるため腸管摘出が必要となる。

また、罹患中、治癒後とも大腸癌の合併頻度が高い。
この大腸癌は未分化で浸潤性が強く、悪性度の高いことが多い。

詳しくは下記からどうぞ!
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 潰瘍性大腸炎

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65130659
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。