日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんトピック

大腸がん・独立行政法人 放射線医学総合研究所
琉球大学、放医研と「教育、研究及び医療の協力に関する協定書」を締結



大腸がん等がん治療は放射線治療を必要とする場合が多い。
開腹手術、内視鏡手術、免疫療法、放射線療法等
がん治療は種々の方法があり、重複した治療が一般的である。
独立行政法人 放射線医学総合研究所(千葉県千葉市)と
国立大学法人 琉球大学 (沖縄県)が
「教育、研究及び医療の協力に関する協定書」を締結した。
離島を抱える沖縄県の琉球大学と
世界をリードする放射線医学総合研究所が
医療の協力に関する協定を締結したことは
日本の死亡原因第1位の大腸がんを考えるとき
大いに歓迎するところである。

独立行政法人 放射線医学総合研究所
琉球大学、放医研と「教育、研究及び医療の協力に関する協定書」を締結

放医研ニュース
また、IVRによるがん治療法の開発にも着手し、
斬新な骨盤内閉鎖循環下抗がん剤灌流療法による
進行大腸がん、前立腺がんなどの
治療成績は県内だけではなく国内からも注目を浴びています。
放医研は、
放射線による人体への影響と障害予防、
診断・治療方法の開発、並びに ...
詳しくは下記からどうぞ!
放医研ニュース 平成19年11月12日

独立行政法人 放射線医学総合研究所
琉球大学、放医研と「教育、研究及び医療の協力に関する協定書」を締結


大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】
タグ:琉球大学

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66310812
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。