日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんニュース

大腸がん・がん検診の質、市で格差



大腸がん、乳がんは癌検診の有効性が確認されているという。
ブログ管理人は直腸がん(大腸がん)患者だ。
平成元年に人工肛門造設手術を受けた。
直腸がんの友人が、
10年転移しなかったから大丈夫と検査を止めた。
2〜3年経って、集団検診で胃がんが発見された。

聞くところによると、ヒトは毎日数千個のがん細胞が出来るという。
ただ、抵抗力や免疫力で癌細胞が成長することを阻害するという。
これら癌細胞のうち、成長を続ける癌細胞がある。
数年以上の長期に亘って成長を続けた癌細胞が大きくなると
身体に悪害を及ぼすようになる前に
検診で癌細胞が発見できれば、早期発見となり完治も期待できる。

この大切な検診を自治体が
形式的に実施するのみが多いと判ったそうだ。
あなたなら、どうする・・・?

がん検診の質、市で格差
読売新聞
調査は、今年3月、全国781市(調査時)を対象に、
検診の有効性が確認されている乳がんと
大腸がんについて、
実績、検診機関の評価法などを尋ねる
アンケートを送付。
607 ...
詳しくは下記からどうぞ!
(2007年12月9日 読売新聞)

がん検診の質、市で格差

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71880067
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。