日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんニュース

「大腸がん」診断、病院で差…内視鏡治療で1〜42%



大腸がん手術とは、大腸にある癌細胞を切除することと思う。
しかし、病院によって悪性腫瘍か良性腫瘍かを検査するときに
判断が異なるそうだ。
ブログ管理人は大腸がん(直腸がん)の手術を受け人工肛門。
ブログ管理人は完全に悪性腫瘍だった。
ドラマに出てくるような、手術中に患部を病理検査に回し
悪性腫瘍の切除を判断するシーンがある。
病院によって、医師によって、判断が異なるとは
単なるミステリーでは済まない。
セカンドオピニオンを活用したり、信頼できる病院を選択することだ。

大腸がん」診断、病院で差…内視鏡治療で1〜42%
読売新聞
調査は、
日本消化器病学会と日本消化器外科学会の
研修認定施設など1001施設を対象に、
2006年に実施した大腸がん治療について、
手術件数や内視鏡切除件数などを ...
詳しくは下記からどうぞ!
(2008年1月7日3時2分 読売新聞)

「大腸がん」診断、病院で差…内視鏡治療で1〜42%=この記事削除されました。

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。