日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんトピック

大腸がん・死を憎まば、生を愛すべし



大腸がんの手術に限らず、病院で手術するときは「同意書」を書かなければなりません。
簡単な手術であっても同意書は必要です。
これは病院が手術中に万一のことがあったときの防衛手段です。
今、お医者さんが不足しているといわれています。
医療過誤が問題になり、患者から訴訟をされるようなことが多くなったからです。
訴訟をあまりされない診療科については医師のなり手は多いようです。
また、時間から時間まで医療に従事すればよい診療科もそうです。
代わりに、時間に関係なく診療をする、医療過誤が起きやすい診療科は
お医者さんのなり手が少ないようです。
手術を受ける患者が遺書を書くという話は少ないでしょう。
でも、考えれば手術中に万一のことがある可能性はあります。
手術を受けるときには、同意書と遺書を書いた方がよいのでしょうか。

(43)死を憎まば、生を愛すべし
読売新聞
大腸がんの手術を終えて退院した私は、
2人の友人からこう聞かれた。
がん死の中で大腸がんは、
男性は、肺がん、胃がん、肝臓がんに次いで4位、
女性は1位(2006年 ...
詳しくは下記からどうぞ!
2008年1月30日 読売新聞

(43)死を憎まば、生を愛すべし

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82244782
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。