日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんトピック

丹後、南丹、山城に中核病院 京都府、がん医療の地域格差解消へ



大腸がんなど地域のがん拠点病院は、
本来、日本国中あらゆる地域にあるべきだと思う。

しかし、現実は甘くない。
大都市圏にこそ存在するものの、
過疎地域には病院やクリニック・医師すらいないところもある。
大腸がん(直腸がん)の患者である管理人は幸い大都市圏に在住するから
腸閉塞など大腸がんを治療した患者の持病も入院、点滴などで治癒する。
大阪府など超赤字自治体、
メディアで拝見していると橋下知事の健闘振りが窺える。
京都府のように、
国の施策で出来ないことは府で対応できることはある一面からすれば
羨ましく思う地域、過疎地があるだろう。

丹後、南丹、山城に中核病院 京都府、がん医療の地域格差解消へ
京都新聞
地域のがん拠点病院は、
国内に多い肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がんを対象に、
手術や放射線療法、抗がん剤による化学療法など一定水準の医療の提供や、
専門医の配置などを要件に、厚生労働相が指定する。
府内では京都第一赤十字病院や
京都市立病院、福知山市民 ...
詳しくは下記からどうぞ!
京都新聞 Kyoto Shimbun 2008年4月19日

丹後、南丹、山城に中核病院 京都府、がん医療の地域格差解消へ

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94443932
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。