日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんトピック

ルー大柴とウォークしながら「大腸がん」検診の大切さを知ろう



大腸がんに罹る有名人が多い。
盲腸から直腸までを大腸というそうな・・・。
だから直腸がんも大腸がんというわけである。
管理人も直腸がんで人工肛門になったのだから大腸がん患者だ。
平成元年、大腸がんの手術を受けた。現在元気だ。
執刀医の先生が、名医・加納宣康先生だったからと感謝している。
管理人は、末期癌だった。家族が万一のことがあるかもと言われていた。
しかし、大腸がん手術から20年になろうとしている。

今、メディアで言われているように
大腸がんをはじめ癌は早期発見なら完治するという世になった。
大腸がん」検診が本当に大切なのだ。
医学が進歩し、今は痛く無い。
恥ずかしいかも知れないが大腸がんが進行すればどうせ見てもらわねばならないのだ。
大腸がん検診万歳?

ルー大柴とウォークしながら「大腸がん」検診の大切さを知ろう
J-CASTニュース
タレントのルー大柴さんが3キロコースに参加するほか、
スピードスケートの勅使河原郁恵さんや
ノルディック複合スキーの荻原次晴さん、
マラソンの千葉真子さんが一般参加者とともに歩き、
大腸がん検診の大切さを訴える。
コース内に設置されたチェックポイントでは、大腸が
...
詳しくは下記からどうぞ!
J-CASTニュース 2008/5/ 2

ルー大柴とウォークしながら「大腸がん」検診の大切さを知ろう

大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。