日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

大腸がん>大腸がんトピック

大腸がん・市民公開講座:「癌を生きる」 4医師、自らの闘病語る /和歌山



管理人は、平成元年(大腸がん)直腸がんで人工肛門になりました。
20年近く生存しています。詳細は別項で書いています。
市民公開講座のなかで、医師の無養生に対する反省とともに
4医師、自らの闘病を語ってられます。
癌は早期発見なら殆ど完治します。
医師の闘病記、参考になります。

Q&Aの回答に下記のようにあります。
日ごろから自分や家族ががんになったときどうするか、
考えておいてください。
本人の望まれるようにしていくことが大切です。
ただ、つらさは治れば一過性のエピソードに過ぎません。
治らなかったとき「あのようなつらさを味わわせて」と
後悔の念が起こるかもしれませんが、
がん末期の苦しさとの比較はできません。

市民公開講座:「癌を生きる」 4医師、自らの闘病語る /和歌山
毎日新聞
胃がん、大腸がんなどは内視鏡を使って見ることができる。
乳がんは手で触っても目で見ても分かり、比較的診断がつけやすい。
肺がんは、そうはいかない。
職場での健康診断では、異常は全くないとされた。
しばらくして、
風邪が治りにくく、せきも出て声がかれるようになっ ...
詳しくは下記からどうぞ!
毎日新聞 2008年5月18日 地方版

市民公開講座:「癌を生きる」 4医師、自らの闘病語る /和歌山


大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!【大腸がん・稼ぐ・アフィリエイト】

| コメント(0) | TB(0) | 大腸がん>大腸がんトピック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。