日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

神の手を持つ名医>加納宣康先生

加納宣康先生が、手術書を出版されました。



2008年8月のことです。
手術書【消化器内視鏡下手術シリーズ〜標準手術を学ぶ 基本手術手技】
 (加納宣康編著、へるす出版)
を上梓されました。
ご紹介します。
基本手術手技 (消化器内視鏡下手術シリーズ―標準的手技を学ぶ)
基本手術手技 (消化器内視鏡下手術シリーズ―標準的手技を学ぶ)
へるす出版
price : ¥5,880
release : 2008-09


| コメント(0) | TB(0) | 神の手を持つ名医>加納宣康先生

神の手を持つ名医>加納宣康先生

神の手を持つ名医・加納宣康先生

ブログ管理人は
1989年12月医療法人蘇西更生会・松波総合病院
加納宣康先生の執刀で直腸がん手術を受けました。
優しい先生で頼りなく思ったほどです。
(先生ご免なさい)
がん手術の前・管理人

私の病状は既に末期症状でした。
私以外は、万一の宣告を受けていたと後日聞きました。
加納宣康先生が主治医として本当に良くしていただけました。

加納宣康先生が帝京大学に転勤される前の1991年、
東海地方で始めての腹腔鏡下外科手術松波総合病院でされました。

諸々の関係で、関東地方に職住を移されてからも
加納宣康先生に「腹腔鏡下外科手術」のご講演をお願いしたことがありました。
腹腔鏡下外科手術について、
1988年、米国のドクター・マックケルナンが
世界で初めての腹腔鏡下胆嚢摘出手術が行われたと伺いました。

時々、テレビで加納宣康先生のご活躍のことは拝見していました。
2007年2月26日、日本テレビ『スッキリ!!』(8:00〜)
「神の手を持つ名医たち:最先端大腸がん治療 世界の名医7人に選ばれた日本人」
として、
加納宣康先生のご活躍の一部始終を拝見することが出来ました。

本当に感謝でした。

日本テレビ『スッキリ!!』で
2007年2月26日放送分
神の手を持つ名医たちFile No.5
大腸がん治療の最先端技術
腹腔鏡手術の神の手
加納 宣康医師

加納宣康先生は、亀田総合病院に勤務されています。
加納宣康先生亀田総合病院のスタッフ紹介
亀田総合病院のスタッフ紹介・一般外科
亀田総合病院のご紹介
亀田総合病院・テレビ放映・新聞/雑誌掲載情報
医療法人 鉄蕉会 亀田総合病院
| コメント(0) | TB(0) | 神の手を持つ名医>加納宣康先生
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。