日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


 

管理人のがん手術>がん手術後19年

★ガンの再発と医学の進歩



私は一オストメイトとして体験に基づいたことをお伝えします。

オストメイトの友人が平成17年3月、病院で他界しました。

その10日ほど前、知らせを受けて見舞いにいきました。
そのとき友人は「今度は生きて退院できないと思う。」と言いました。

彼は、
「一般に10年経てば、ガンの再発はないと医師も自分も考えていた。

それで10年が経過した頃から、
それまで続けていた定期検診をやめました。

それから2〜3年経過して
去年の8月に集団検診を受けたところ胃ガンが発見されました。
「手術のため秋に入院したが手術が出来なかった。」
と彼は語りました。


聞くところでは、人には毎日多くのガン細胞が芽生える。
自然治癒力が高く、免疫力が強いとガン細胞は死滅排泄される。

手術した部位のガンは再発しないと思っても、
新しく芽生えたガン細胞が成長すれば
別の部位で育つことは当然で、
ガンになった人はガンが生育しやすい体質であると考える方が順当という。

「人工肛門の会・相談懇話室」でこの話をしたところ、
元役員の方が、
術後19年経ったとき胃がんで手術した話をされました。


現在は、「腹腔鏡下外科手術」「内視鏡手術」など
患者に負担の少ない手術も出来るようになりました。

医学も進歩し早期発見であれば、
王貞治監督や、鳥越キャスターのように早期退院も出来ます。




| コメント(0) | TB(0) | 管理人のがん手術>がん手術後19年

管理人のがん手術>がん手術後19年

★パソコン超初心者と障害者の話!


個人情報保護法を守る「健心友の会」相談室でお話を承っていますと


「人工肛門装具販売店」や「個人情報保護法を守る患者会」で

「自分は何を聞きたいか、教えて欲しいか」
「どうしたら自分の環境を良くすることが出来るかを考えて」
質問する積極性のある人と、


最初に指導されたまま、
環境、その他改善することを考えない人は、


結果的に大きな違いが出てきます。


「人工肛門装具販売店」&「個人情報保護法を守る患者会」や
「人工肛門装具メーカー」は
本当は質問を受け不便や不自由を解決したいのです。

自分がどうしたいか、何を求めるか。
質問しないと、誰もあなたにはこれが良いじゃないですか。
とは言ってくれません。


個人情報保護法を守る患者会」にはいろいろな病気の「個人情報保護法を守る患者会」があるでしょう。
医師や看護師さんが顧問になっておられるでしょう。

一人で悩まず、同じ悩みを持った人たちの交流は大切・・・。


特に「障害」「病気」を知られたくない方も多いでしょう。
今は、個人情報保護法で大切に守られています。


個人情報保護法を守る「健心友の会」では会長と担当役員が名簿を管理しています。
守秘義務を承知し、相談室は名前を名乗る必要もありません。

個人情報保護法に守られた障害者の話でした。


「自分は何を聞きたいか、教えて欲しいか」

これはパソコンでも同じこと、
超初心者は「何を聞いてよいか判らないのです。」


でも「パソコンは習うより慣れろ」の世界でしょうか。

パソコン塾へ行ったり、
テキストや、DVDを見て独習して、
判ってくると、余計に判らなくなるのがパソコンです。

パソコンは奥が深いんです。


パソコンで調べなさいといわれて検索しても範囲が広すぎる。

「**とは」と調べたい語句に「とは」と付けて検索すれば
調べたいことがすぐ出てくる。知れば簡単です。


パソコンではGoogleなどの検索エンジンも頼りになります。

まず「どうしたいか、何をやりたいか」

を考えてパソコンで調べたり、聞きましょう。





| コメント(0) | TB(0) | 管理人のがん手術>がん手術後19年
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。